EVENT

松岡友追悼展「不可視の存在の捉え方」

2024年2月19日
#展覧会

出品者松岡友(2007年美術学部卒業)日程2024年3月1日(金)~2024年3月13日(水)時間12:00~20:00(水曜日は17:00まで)休廊日木曜日場所新宿眼科画廊(スペースM、S、E)東京都新宿区新宿5-18-11WEB松岡友追悼展「不可視の存在の捉え方」 本展示は2021年3月6日に不慮の事故で他界した松岡友の追悼展示である。松岡友は生前、美術作家として活動を行う上で、単に「美術作家」と名乗ったことはない。ある時は「魔術系オカルト美術作家」、ある時は「美術作家・霊媒師」という風に、そこに《 不可視の存在》への強い関心が常にあった。松岡友は多摩美術大学の油画専攻で絵画表現を習得、卒業後務めた美術造形の会社で立体作品制作の技術も身につけた作家である。2010年に少女時代に親しんだRPGゲーム「 Final FantasyⅦ」から、更にファンタジーゲームのイメージ源である「西洋錬金術」「西洋魔術」的世界観を『黄金の夜明け』(江口之隆:著)、『世界シンボル辞典』(ジーン・C・クーパー著)などの文献も調べ、そこに個人的な解釈を加えた上で村上隆の「スーパーフラット」以降の現代アート作品として制作する事から本格的に作家活動を開始した。またこの時期に実際に国内の西洋魔術実践者のイベントを訪れ面識を得た後、その元で儀式魔術の手解きも受け始めた。その後、2012年には密閉された容器の中で覚醒と睡眠をコントロールする「フローティングタンク」の体験を得て、《「稲荷の神使の狐」の上に 美少年としての松岡友が乗る図像》(松岡友自身はこれを「 バモイドオキ神」後に「アセファル」とも呼んでいた)を感得した。松岡友の関心は更に「西洋魔術」的な範疇を超え、作品の世界観も神道や民間信仰的イメージ、インドネシアの民間信仰のイメージ、密教的図像まで広まっていく。関心の広まりと同時に、上座部仏教系の瞑想である「ヴィパサーナ瞑想」による1週間の無言行の体験、アーティストイン レジデンスで訪れた沖縄での琉球神道のシャーマンであるノロとの出会い、インドネシアのアーティスト イン レジデンスで地元のイスラームの精霊であるジン信仰との出会いetc.文化人類学者がフィールドワークを行った上で論文を執筆するが如く、霊性を高める体験を重ねては制作を行なっていた。今日、19世紀半ばに欧州で発生し19世紀末には世界的な影響となった「神霊主義」(心霊主義/Spiritualism)の人文知的方面からの再考が進んでいる。この「神霊主義」とも関わる「《不可視の存在》という領域と美術の関係」は、西洋美術の正史という枠組みで鑑みても古くは「幻視者」の異名を持つ英国人作家ウィリアム・ブレイク(1757〜1827)や、19世紀の「象徴主義」の一角まで遡る事ができる。更に20世紀初頭にはシューレアリスムの偉大な詩人アンドレ・ブルトン(1896~1966)は『魔術的芸術』という著作を残している。国内の近年の現代アート上での展覧会を振り返れば・2012年:「魔術/美術」展(愛知県美術館 監修:中村史子・中西陽子 )・2014年:『The Spiritual World』展(東京都写真美術館 監修:石田哲郎)・2014年:『スサノヲの到来-いのち、いかり、いのり-展(足利市美術館:他 監修:赤松祐樹)・2023年:『顕神の夢-幻視の表現者-』展(岡本太郎美術館:他 監修: 鎌田東二)など各展示のフレーミングは少しずつ異なりながらも《不可視の存在》に関して焦点を当てた美術館展示がここ10年で開催されたことを記憶している。生前の松岡友は絵画、彫刻、インスタレーションの制作、国内外のレジデンスプログラム参加のみならず、ライブペインティングや代価現実ゲーム、多様な内容のアートイベント開催など多種多様に渡っており、また単に「美術作家」と名乗ることはなかった。故にどこか“捉えどころのない存在”と思われていたように思う。本展は松岡友の遺作の中から完成度の高い作品を厳選し、先行する識者による近代「神霊主義」再考の文脈、言い換えれば“不可視の存在の捉え方“を踏まえながら、鑑賞者に新たに《優れた現代アート作家としての松岡友の再考》を促す展示である。松岡友追悼展キュレーター平林幸壽(2002年美術学部卒業/仏教現代美術グループS-VA-HA/元:美術作家)

阪中隆文個展「ぱ 育児のパロールん」

2024年2月9日
#展覧会

写真・映像・インスタレーションなどメディアを横断して制作を続けるアーティスト、阪中隆文(さかなか・たかふみ)が、吉祥寺の Art Center Ongoing にて個展を開催します。今回の展覧会「パ 育児のパロールん」では、自身が育児にかかわるなかで、「言語」を習得していく子どもの様子から着想を得た新作を発表します。新作である映像作品の中では、阪中自身が、まだ言葉を話せない乳児や幼児に対して無為ともいえる、言語についてのレクチャーを展開しています。言語の習得は、人間同士のコミュニケーションにおいて不可欠であるとされる一方で、様々な事象の認知を限定および分断するおそれもある、という側面に注目し、言語の持つ制約性に迫ります。本展のタイトルに含まれている「パロール」は、哲学者のソシュールが言語学上の区別として提唱した「ラング」と「パロール」の理論から引用しています。「ラング」が社会で体系化された文法上の規則を指すのに対し、「パロール」は個人の話し言葉による行為を指しています。自身は美術大学在学中より、社会的空間と身体をコラージュのように結び付け、自分の身体にルールや制約を敷いたパフォーマンスや、写真・映像による表現を続けてきました。今回は、自身の「6 年間の育児へのフィードバック」として、他者との関わりにおいて発生するルールや制約性を着目し、作品への昇華を試みています。会期中は、本人による展示作品解説イベント「オンゴーイングスクール」(2 月 11 日)や、作家・編集者である川崎昌平氏をゲストに迎えた「トークイベント 喃語と文芸」(2 月 17 日)などを開催します。ぜひご高覧ください。 出品者阪中 隆⽂(2013年美術学部卒業)日程2024 年2 月7 日(水)~2024 年2 月18 日(日)時間12:00~21:00 ※水・木・金曜日は16:00~18:00 一時休憩定休日月曜日・火曜日入場料400 円(セレクトティー付き)場所Art Center Ongoing東京都武蔵野市吉祥寺東町1-8-7WEBArt Center Ongoing 展覧会サイト阪中隆文WEB サイトお問合せ先sakanamo@gmail.com TEL:090-8346-3518 イベント ■オープニングパーティー日程2 月10 日(土)時間19:00~参加費1,000 円(軽食+1Drink+入場料) ■オンゴーイングスクール日程2 月11 日(日)時間15:00~参加費1,000 円(お好きなケーキ+1Drink+入場料) 中高生にもわかる作家本人による展示作品解説 ■トークイベント 喃語と文芸日程2 月17 日(土)時間19:00~参加費1,000 円(1Drink+入場料)ゲスト川崎 昌平(作家・編集者) 阪中 隆文(さかなか・たかふみ)/アーティスト個展2021 年 「Atopic Search for Atopia」Art Center Ongoing、東京2020 年 「wandering in atopia」 国際芸術センター青森、青森2019 年 「スーパープレイ」、Token Art Center、東京2019 年 「outdoor」 map 前橋"市民"ギャラリー、群馬1989 年東京都出身。多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科卒業。写真・映像・インスタレーションなどのメディアで作品を制作。暗渠、ビルの天井裏、床下、古墳、空き地など都市や建築の周縁的領域に着目し、遊びのような行為によってアプローチする。1964 年の東京オリンピック政策によって埋もれた地下河川でパレードをしたり、古墳の石室に隣接する中学校からテニスボールを打ち込む遊びを子供達と行い、あるいはチャウシェスク政権によって残された巨大な地下構造物に自身の恋愛感情を吐露したりと、社会の変化によって生まれる空白の空間を個々の身体や感情とコラージュのように結びつけている。また展示空間において自身の身体を用いた徒労のような行為によって、空間と自身と観客の関わり方を変容させるプロジェクトも行う。X(旧Twitter)アカウント @Takafusakanak

劇団ネモノ会 第3回公演 J・A・C・K

2024年1月30日
#助成金 #公演

★「芸術活動助成2023」助成企画★「芸術活動助成」とは? 団体名劇団ネモノ会メンバー安藤児珠(美術学部在学生)井上祥多(美術学部在学生)永田那由多(美術学部在学生)吉田美織(美術学部在学生)千莉(美術学部在学生)麻里ひなた(美術学部在学生)駒井珠里(美術学部在学生)菅原空宙(美術学部在学生)井上花音(美術学部在学生)高橋一渓(美術学部在学生)前田遥来(美術学部在学生)西内穂波(美術学部在学生)阿澄沿線(美術学部在学生)野村芽衣(美術学部在学生)本田莉々彩(美術学部在学生)白鳥真生(美術学部在学生)ほか日程2024年2月16日(金)〜2024年2月18日(日)タイムスケジュール2月16日(金)13:00 ★???2月16日(金)19:00 ★中村寛(文化人類学者)2月17日(土)13:00 ★???2月17日(土)19:00 ★柴幸男(劇作家・演出家)2月18日(日)13:00 ★???2月18日(日)18:00※受付・開場は開演の30分前★アフタートーク開催、ゲストは順次発表場所千本桜ホール東京都目黒区鷹番3-8-11 第三エスペランスビル3F料金一般:3,500円大学生:2,500円高校生以下:2,000円桟敷席(各公演7枚限定):2,000円 お支払い:当日精算/事前決済※受付順入場※未就学児入場不可※当日、座席番号の書かれたチケットをお渡しします。チケットご予約はこちら問合せnemono2551@gmail.com(劇団ネモノ会)WEB劇団ネモノ会 ホームページ劇団ネモノ会 X劇団ネモノ会 Instagram

陳柏欣個展-南国の事情-

2024年1月25日
#展覧会

出品者陳柏欣(博士課程在学生)日程2024年2月19日(月)~ 2024年3月2日(土)時間11:00~19:00(最終日は17:00まで)休廊日日曜・祝日場所Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi東京都港区六本木7-8-9 深作眼科ビル1F・B1問合せTEL:03-5786-1505E-mail:hfg@fukasaku.jpWEBHideharu Fukasaku Gallery Roppongi ホームページ 展覧会概要Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi(東京都港区)では、2024年2月19日(月)より 陳柏欣の個展「Roppongi α Art Week  陳柏欣個展-南国の事情-」を開催致します。 弊廊近隣に所在する東京都港区六本木の国立新美術館では、毎年2月に首都圏の私立美術大学五校による合同卒業・修了制作展示「東京五美術大学連合卒業・修了制作展」が開催されます。その期間に合わせ、六本木周辺の画廊が協力して将来的に有望な学生や卒業・修了後まもなくの作家にスポットを当てた企画展「Roppongi α Art Week」(*)を開催しています。弊廊も次世代を担う作家を応援すべく、本年も参加の運びとなりました。*Roppongi αArt Week:[会期]2024年2月23日(金・祝) ~ 3月 3日(日) ※予定 国立新美術館開催「東京五美術大学連合卒業・修了制作展」の期間に合わせて、周辺画廊との連動として美術系大学卒業生や若手作家にスポットを当てた企画展。 今回弊廊で紹介する 陳柏欣は台湾出身、現在多摩美術大学大学院博士後期課程1年次に在学、日本画を専攻しています。学部生の頃より積極的に作品発表を行い、数々の公募展を受賞するなど今後の活躍が期待されます。 日本で留学生活を続ける中で、出身地台湾との比較することが多々あるという陳。それは自身の出自や故郷の現状など、自己を見つめる機会にもなっています。 本展は陳のアイデンティティから発想を得て、留学生が台湾をどのように俯瞰し理解しているのかを伝えることをテーマとしています。 今回の展覧会を通じて、台湾に関心を持っていただける機会となれば幸いです。是非ご高覧ください。