NEWS

沖縄本土復帰50周年記念 首里城復興チャリティー 大シーサー展

2022年3月28日
#展覧会

出品者:青木惠('08院日)飯田文香('14日画)入江明日香('04院版)絹谷香菜子('07日画)吉澤舞子('12院日)ほか 日 程:2022年04月27日(水)〜05月03日(火) 時 間:10:00~19:00(初日は14:00~・最終日は16:00まで) 休廊日:会期中無休 場 所:ヒルトピア アートスクエア 展示室C     〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-6-2 ヒルトピアショッピング内(ヒルトン東京B1F)     ※入場無料 販 売:会場申込またはオンラインショップ(申込開始日:2022年4月27日14時~)     ※一部抽選申込 企 画:Art Venture Office SHOU   今年5月15日に沖縄の施政権が日本に返還されて50周年を迎えます。 また、2019年には沖縄の象徴の1つでもある首里城が火災により焼失してしまったことは沖縄県民に留まらず全国民に大きな衝撃を与えました。 この2つの出来事に小社がアートを通じて何ができるのかを思案し、もう一つの沖縄を象徴する「シーサー」に沖縄県出身のアーティスト含む次世代のアート業界を担うであろう25名のアーティストが絵付けした作品を展示・販売いたします。 その売上金の一部を「首里城復興」のために寄付をさせていただくことで、少しでもお役にたてればという想いから企画をいたしました。  

「テキスタイルパフォーマンス2021 KASANE」映像作品

2022年3月28日

出演者:多摩美術大学テキスタイルデザイン専攻学生ほか約150名 主 催:多摩美術大学生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻有志団体「テキスタイルパフォーマンス2021」 WEB  :本編映像(400円・vimeo)/メイキング動画(無料)     パンフレット・グッズ販売 ・・・・Twitter Instagram Facebook   40周年を迎えるテキスタイルパフォーマンスは、多摩美術大学テキスタイルデザイン専攻3年生が中心の有志による団体であり、舞台、衣装、演出すべてを創り上げ、人とテキスタイルの魅力を伝える、ファッションショーでも演劇でもない新たなテキスタイルの可能性に挑戦するパフォーマンスです。 例年は多摩美術大学の芸術祭で発表しておりましたが、コロナウイルスの影響により、今年は映像作品として、多摩美の学生を中心に武蔵美や洗足、日芸などの様々な美大生たち約150名と協力して作り上げています。    今年のテキスタイルパフォーマンスは環境問題に目を向けて、衣装を全て廃棄素材から製作しています。世の中で起きている大量生産・消費は、人の手から離れた場所で布が作られる様になった為に、その布への思い入れや慈しみの心、自然への敬意が直接感じられなくなった為に起きた事だと考えました。” 布を作る行為 = 密接な自然との対話” とし、そのプロセスにフォーカスした映像作品を作りました。見た人が布に対して愛おしいと思ったり、自らも自然のサイクルの一部であると感じ、結果的に環境へのポジティブな意識変化が生まれることを願っています。

この検索条件での該当記事は650件です。